ディスクロージャー
ポリシー

INVESTORS投資家情報

ディスクロージャーポリシー

株式会社湖池屋(以下「当社」という)は、株主、投資家の皆さまに対し、透明性、公平性、継続性を基本に、的確で迅速な情報開示に努めます。金融商品取引法および東京証券取引所JASDAQ市場の定める適時開示規則に準拠した開示に努めるほか、当社をより理解していただくために重要と思われる情報につきましても、タイムリーかつ積極的に情報開示を行っていきます。

情報の開示方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所JASDAQ市場の定める規定にもとづき、同取引所に事前に説明のうえ、適時開示情報システム(TDnet)にて開示し、当社ホームページにおいても公開いたします。 また、適時開示基準要件には当たらないその他の重要と思われる情報につきましても、情報開示の基本方針ならびに適時開示の趣旨を踏まえ、適切な方法により、正確かつ公平に示いたします。

業績予想および将来の予測に関する事項

当社は、業績予想並びに将来見通し、戦略などにつきましては、可能な限り予測度を高めることに努力いたしますが、これらは現時点で入手可能な情報による判断および仮定にもとづいています。したがって、実際の業績は、様々なリスクや不確定要素の変動および経済情勢などによって、これらと異なる結果になる場合があります。

沈黙期間

当社では、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表までを沈黙期間として、決算に関連するコメントや質問への回答を控えることとしております。 ただし、沈黙期間中に判明した業績予想と既発表予想の差異が適時開示に該当する大きな変動幅となることが明らかになった場合には、開示規則に従い適宜公表することとしております。 なお、沈黙期間であっても、すでに公表されている情報に関する範囲のご質問等につきましては対応いたします。